余った年賀状の番号が当たり!商品の交換はできる?

余った年賀状の番号が当たり!商品の交換はできる?

余った年賀状の番号が当たり!商品の交換はできる?

お年玉付き年賀状、あまり期待はしていないと思いつつ、ついついチェックしてしまいます。

 

使わなかった年賀状が当たっていた場合、使っていないから当選してももらえないんじゃないかと思っていませんか?

 

 

そこで、使っていない年賀状が当たった場合の商品の交換についてと、余った年賀状の活用方法をご紹介します。

 

家に大量の年賀状が余っているという方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

余った年賀はがきが当たった場合も商品はもらえる

お年玉年賀はがきが当選していた場合、未使用のものでも商品をもらうことができます。

 

交換方法は、お近くの郵便局に当選したはがきを持っていくだけ。

 

その際、念のため身分証明書は持っていっておきましょう。

 

 

当選したはがきを郵便局の方に渡せば、交換のための手続きをしてくれます。

 

切手シートであればその場で交換してくれますし、その他のものは後日郵送されてきます。

 

 

交換手続きが終わったはがきには、交換済みのマークとなる消印が押されたあと、返してもらえます。

商品交換後のはがきはそのまま使える

商品を交換した後は返してもらえるので、普通のはがきとして使うことができます。

 

その時に必ず気を付けなければいけないポイントがあります。

 

 

それは、「年賀」の文字を二十の線で消すことです。

 

「年賀」の文字を消さずに出してしまうと、年賀状として取り扱われてしまうことがあるため、最悪の場合翌年のお正月に届いてしまうことになってしまいます。

 

 

余ってしまった年賀状を出すのはちょっと恥ずかしいという場合は、懸賞用のはがきとして使いましょう。

追加料金を出すことで通常のはがきや切手に交換もできる

年賀はがきをそのまま出すことに抵抗があるという場合は、通常のはがきに交換するという方法もあります。

 

手数料が5円かかりますが、どうしてもはがきと交換したいという場合は郵便局に行きましょう。

 

ただ、次の年の年賀状などくじ付きのはがきには交換はできませんのでご注意ください。

 

 

また、はがきだけでなく切手にも交換が可能です。

 

切手に交換する場合も手数料5円はかかりますが、手数料は切手でも支払うことができるので、手数料を差し引いた切手を受け取ることもできます。

 

 

交換するときに気を付けたいのが、交換場所です。

 

ゆうゆう窓口では交換の対応をしていないので、郵便局の窓口に行きましょう。

まとめ

余った年賀状が当たっていた場合でも、商品をもらうことが出来るのは安心ですよね。

 

交換方法も当たっている白紙の年賀状を持っていくだけなので簡単です。

 

商品を交換した後のはがきは、そのまま使うこともできるし、通常のはがきや切手にも交換ができます。

 

 

相手にあたっていても嬉しいものですが、自分が当たっていたらちょっと得した気分ですよね。

 

使っていないからと諦めずに、ぜひ郵便局にもっていってくださいね。

スポンサーリンク

関連ページ

ゆうゆう窓口でできること! 郵便窓口との違いは?
ゆうゆう窓口ってご存知ですか? 本局や、郵便局の本社などに行くと、郵便窓口とゆうゆう窓口の2つが併設されているのをご覧になられたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 利用者である私たちからすると、あまり違いがわからないのですが、実は、それぞれできることとできないことの役割分担がきっちりしています。 一緒に確認していきましょう。
レターパックプラスとライトの違い 料金以外に何が違うの?
よく利用されるのが郵便局のサービスであるレターパックです。 レターパックにはプラスとライトの2種類がありますが、性質が異なるのはご存知でしたか? 間違った使い方をしないように確認していきましょう。
スマートレターとレターパック どんな違いがあるの?メリット・デメリット
切手を貼らなくてもポストインするだけで送ることができるレターパックシリーズは、フリマアプリなどの類が流行する昨今では、一般の方の利用も多くなっていますよね。 一方で、2015年から開始されたサービスが、スマートレターです。 まだサービス開始から3年あまりしかないためか、馴染みがない方も少なくないのではないでしょうか。 では、レターパックとスマートレターは何が違うのか、サービス内容や用途のメリット・デメリットから、一緒に確認していきましょう。
スマートレターってそもそも何?スマートレターの送り方が全部わかる!
2015年に郵便局で導入されたサービス「スマートレター」 スマートレターって何? 何がスマートなの?って状態の人に向けて 「どんなときに送るのか?」 「料金はいくらなのか?」 「どうやって送るのか?」 解説します。
簡易書留と一般書留の違いは?使い方は?
書留には、「簡易書留」、「一般書留」、「現金書留」の3種類があります。 日本郵政の民営化以降、「書留」という言葉にはこの3種類の意味を包含しているそうです。 今日はそのうち、「簡易書留」と「一般書留」の具体的な違いについて確認していきたいと思います。
簡易書留と特定記録郵便の違いは? どちらを使えばいい?
大事な書類や物を送りたいときに、普通郵便でポストインして送付したときに、心持ち不安に思われたことはありませんか? 今どこに送付物があるのか、郵便事故にあわずに受け取ってもらえたかなどなど。 そういった不安を払拭してくれる配送サービスを郵便局はいくつか提供していますが、今日はそのうち「簡易書留」と「特定記録郵便」について比較・検討していきましょう!
郵便の振込用紙って自分で印刷できるの?フォーマットなどはどこで手に入れる?
みなさんは、郵便局の払い込み用紙をご存じですか? 商品の支払いで、販売元から受け取った方もいるでしょう。 また、窓口で用紙をもらって払い込み用紙を作製してる人もいるのではないでしょうか? 今回は、「払い込み用紙って自宅で印刷できるのか」という疑問にせまってみたいと思います。
長期不在でポストが郵便物がいっぱいになるのを防ぐ方法とは!?
海外旅行や出張で、自宅を長期間留守にする事ってありますよね。 溢れかえった郵便物があると長期留守にしているとわかり、空き巣などの被害に遭う可能性も高まってきます。 そこで長期不在する場合の郵便物が、いっぱいになるのを防ぐ方法があるかを調べてみました。
郵便局で買えるダンボールの値段とサイズ一覧 100円〜370円まで
誰かに品物を送る際は、使いまわしのダンボールよりもきれいなダンボールで送りたいですよね。 それに、ちょうど良いサイズのダンボールが無くて中身がスカスカ‥なんて事にはなりたくない! 今回は郵便局で買えるダンボールの値段とサイズについて調べてみました。
郵便切手の種類はどれくらい?どんな切手があるの?気になったので調べてみた!
みなさん、ハガキなどをポストに投函する時に必ず「切手」を貼りますよね? しかし、この切手ってどれくらいの種類があるのでしょうか? 今日は、そんな「郵便切手の種類」について迫っていきたいと思います。
消印有効は当日の何時まで有効? 郵便窓口と郵便ポストで出すときのポイント!
入学願書や履歴書、懸賞応募の送付の際の注意点で、「当日消印有効」という条件が書かれている時があります。 郵便窓口で送った場合と郵便ポストで投函する場合、何時までに出せばいいか悩まれた方が多いかと思われます。 そこで当日消印有効は何時までに出せばいいのかを調べてみました。
郵便切手は自動販売機で買える?種類や設置場所は?
ハガキなどの郵便ぶつには、切手を購入して貼らなければいけません。 この切手、自動販売機みたいなモノはないのでしょうか? そこで今回は、「切手は自動販売機で買えるのか?」という疑問に迫りたいと思います。
郵便局の振込用紙は赤と青の2種類!?手数料などどう違うの?
みなさんは、郵便局で払い込みをしたことがありますか? よーく見てみると、赤い用紙を持ってる人、青い用紙を持ってる人がいるようです。 今回は、郵便局の振込用紙の青と赤の違いや、手数料についての疑問にせまります。
郵便局で定額小為替を買うには?コンビニで購入できないの?
住民票、戸籍謄本を郵送で取り寄せたい場合などによく利用されるのが、定額小為替です。 現金と同じように使えますが、現金ではないので、現金書留郵便で送らなくても郵送でやり取りできることから、長い間重宝されています。 ですが、郵便で請求をすることがなければ、あまり利用する機会もないでしょうから、そもそも購入の仕方からわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
簡易書留に追跡サービスはある? どこまで調べられるの?
簡易書留に、追跡サービスというものがあるのをご存知ですか? 特に、ここ最近では、チケット類のやりとりをする方も増えておりますところ、手軽に送ることができる簡易書留に追跡サービスがあるのはとっても便利ですね。 そこで、簡易書留の追跡サービスについて、確認していきましょう!
郵便物の受け取りは拒否できる?郵便物受取拒否の方法と注意事項
みなさんは、届いた郵便物の受け取りを拒否した事ってありますか? 例えば、身に覚えのない小包だったり、怪しい手紙だったり。 受け取ってトラブルになるのも嫌だし、何とか拒否できないものですかね? そこで今回は、「郵便物の受け取り拒否方法」と「注意事項」について説明していきます。
これって郵便事故?郵便事故の時の問い合わせ先と注意事項
誰もが一度は利用した事がある「郵便」。 そんな郵便で「郵便事故」にあった時は、どうしますか? 例えば一向にハガキが届かない。 ネットショッピングで購入した商品が届かない。けど、追跡したら「届済み」になっていた。 封書が開封されていた、傷だらけ! 等等。 そんな時の問い合わせ先と、注意事項を説明していきたいと思います。
郵便の受け取りは委任状があれば本人以外も受け取り可能?
不在票がはいっていた荷物や、局留めの荷物を郵便局の窓口に取りにいった経験はありますか? 休日ならいいのですが・・・中々時間の都合がつきませんよね。 代理で誰かに取りにいってもらう事は可能なのでしょうか? 委任状があれば、大丈夫? 今回は「本人以外の郵便物の受け取りに委任状が必要か?」について説明していきます。
郵便ポストの集荷時間は?時間通りに集荷されるの?
郵便ポストの集荷時間って、何時なんでしょうか? 本当に時間通りに集荷されるんでしょうか? 今回は、「郵便ポストの集荷時間」と「ポストは時間通りに集荷されるのか?」に迫ってみたいと思います!
定形外郵便の配達日数はどれくらい?配達日数を調べる方法の有無
突然ですが、フリマアプリの利用をされたことはありますか? 先日フリマアプリで、最後に評価をもらうのですが、そこに「発送の連絡をもらってから到着まで遅かった。」と言われても仕方がない文句をつけられて、とても悲しい思いをしました。 そこで、定形外郵便の配達日数はどのくらいなのか、調べる方法はあるのか、一緒に確認していきましょう。
戸籍謄本を郵送請求してみよう!期間はどのくらい?
突然ですが、戸籍の謄本を取得請求したことはありますか? 普通の生活を送っている中で戸籍の謄本を取得する場面は多くないと思います。 でも、取得のために、平日市役所に行く時間って、急な場合だとなかなか確保するのが難しいですよね。 実は、そんな声に対応するために、各市役所では郵送による請求を認めていることがほとんどです。 どうすればいいのか、その方法を確認しましょう!
郵便で切手の料金不足があった時、どうなるの?不足分は誰が払う?
郵便物を郵便ポストへ投函した後、切手の貼り忘れや封筒の大きさ・重さで料金不足の切手を貼ってしまった場合の郵便物はどう処理されるのでしょうか? 受取人が支払うの? それとも差出人に戻ってくるの? 様々な疑問があるかと思います。 そこで、料金不足の切手を貼った郵便物を発送してしまった後の対応の仕方をご紹介します。
年賀状の余りはどうする?簡単に現金化する方法教えます!
毎年、失敗してしまって出せない年賀状が大量生産され、予備として買って置いた年賀はがきも余っている状態・・。 これを見ていた私は思いました。 もしかして年賀状の余りって現金化できる!? そこで今回は、私が実践した年賀状の余りを簡単に現金化する方法をお教えします!
間違えて貼ってしまった切手の簡単・きれいな剥がし方!
手紙を出そうとしたら切手の金額を間違えている事に気付いて、あわてて切手を剥がそうとしたけど剥がれない・・なんて事はありませんか? 間違えて貼ってしまった切手を捨ててしまうのはもったいないので、なんとかきれいに剥がしてまた使いたいものです。 そこで今回は、誰にでもできる簡単な切手の剥がし方をご紹介します。
留守がちでも大丈夫!郵送された商品をコンビニで受け取る方法!
郵送された商品はコンビニで受け取りが可能なんです。 コンビニなら遅い時間でも営業しているし、店舗数も多くて便利ですよね。 そこで今回は、郵送された商品をコンビニで受け取る方法をご紹介します。
郵便の追跡結果が「持ち出し中」になってから届くまでどれくらい?
郵便局のホームページに郵便物のお問い合わせ番号を入力することで郵便物が今どこにあるか追跡できるサービスがあります。 この追跡サービス、便利ですが、初めて使う人はよくわからないかもしれません。 特に追跡結果が「持ち出し中」になってから届くまで何時間くらいかかるのかが気になりますよね。 今回私がこれをまさに体験したところなのでこの「持ち出し中」について詳しく解説したいと思います。
追跡結果「お問い合わせ番号が見つかりません。」が出る原因
ゆうパックやゆうパケット、レターパック、クリックポストなどで荷物を追跡できる郵便局のサービスは便利です。 でも送り主から教えられた「お問い合わせ番号」を入力しても「お問い合わせ番号が見つかりません。」と出てしまうケースがあります。 この原因はなんなのか、解決方法とともにお伝えします。
郵便物の転送手続きの方法は難しくない!引っ越しが決まったら早めにチェック
引っ越しがきまったら忘れてほしくないのが郵便局への転送手続きです。 転送手続きをしておかないと、引っ越した後もいつまでも前の住所に郵便物が届き続けることになってしまいます。 そこで、郵便物の転送手続きの方法をチェックしておきましょう!
再配達
郵便の再配達についての記事一覧です。
速達
速達に関する記事一覧です。