封筒の重さ別切手料金一覧表!A4用紙の枚数と重さの目安も!

封筒の重さ別切手料金一覧表!A4用紙の枚数と重さの目安も!

封筒の重さ別切手料金一覧表!A4用紙の枚数と重さの目安も!

 

普通の封筒を郵送したいだけなのに、郵便の料金ってわかりにくいですよね〜。

 

かく言う私も、かつて「履歴書を書いたはいいけど、履歴書を入れる封筒には何円分の切手を貼れば確実に届くんだろう?」と不安になり、すごい手間をかけて料金を調べていた記憶があります。

 

 

もう、手っ取り早く郵便料金を知りたい!

 

ということで、封筒の重さごとに、必要な切手の料金をまとめてみました(*´ω`*)

スポンサーリンク

封筒の重さ別切手料金一覧表

 

切手料金は、送る郵便物の「重さ」と「サイズ」で変わります。

 

そこで、一般的によく使われる封筒ごとの、切手料金の早見表を作ってみました!

 

 

長形3号・洋形2号の封筒の場合

長形3号は、23.5cm×12cmの、A4サイズの3つ折りの紙がぴったり入るサイズの封筒です。

 

社用封筒なんかでよく見ると思います。

 

 

一方、洋形2号は、手紙用の封筒として、百均とかでよく売られている11.4cm×16.2cmサイズのものです。

 

この二種類の封筒は、よく見るうえにどちらもサイズが小さいので、ひとまとめにして見ることができます♪

 

 

長形3号・洋形2号封筒の郵便料金

厚さ 重さ 基本料金
1cm以内 25g以内 82円
26〜50g 92円
3cm以内 50g以内 120円
51〜100g 140円
101〜150g 205?円
151〜250g 250?円
251〜500g 380?円
501g〜1kg 570?円
3cmより大きい 50g以内 200円
51〜100g 220円
101〜150g 290円
151〜250g 340円
251〜500g 500円
501g〜1kg 700円
1kg〜2kg 1,020円
2kg〜4kg 1,330円

(2019年3月31日現在)

 

 

実は、封筒の種類や重さのほかに、「厚さ」の違いでも料金が変わるので、分厚い封筒を送りたい方は特に注意してくださいね〜(>_<)

 

 

ちなみに、長形3号・洋形2号以外の封筒でも、大きさが「14cm×9cm以上かつ23.5cm×12cm以内」の封筒なら上記の早見表が使えますので、ぜひ活用してください(^^)♪

 

 

角形2号の封筒の場合

 

A4用紙を折らずにそのまま入れることができる、33.2cm×24cmの大きいサイズの封筒です。

 

こちらもよく見る封筒ですが、サイズが大きいため、さっきの表をそのまま使うことはできません(>_<)

 

 

角形2号封筒の郵便料金

厚さ 重さ 基本料金
3cm以内 50g以内 120円
51〜100g 140円
101〜150g 205?円
151〜250g 250?円
251〜500g 380?円
501g〜1kg 570?円
3cmより大きい 50g以内 200円
51〜100g 220円
101〜150g 290円
151〜250g 340円
251〜500g 500円
501g〜1kg 700円
1kg〜2kg 1,020円
2kg〜4kg 1,330円

(2019年3月31日現在)

 

 

長形3号・洋形2号と角形2号との違いは「サイズ」なんですが、これは「サイズ」や「厚さ」によって「定形郵便物」か「定形外郵便物」に種類が分かれるためです。

 

この郵便物の種類の違いが、料金の違いにも大きく関わっているのですが、今回は「手っ取り早く」がテーマなので、この詳細は割愛します(笑)

 

料金が違うんだな〜、くらいに思ってくれれば大丈夫です(^^)b

A4用紙の枚数と重さの目安

 

さて、ここまで書いてきて何なんですが、「わざわざ封筒の重さを計る」って、面倒くさくないですか?

 

でも、A4用紙1枚の重さを知っていれば、枚数だけでおおよその重さの目安がわかるんです!

 

 

ずばり、A4のコピー用紙1枚分の重さは約4〜5gと言われています。

 

 

例えば、長形3号の封筒の重さを約5g、角形2号の封筒を約16gとすると、A4用紙の枚数ごとの重さの目安はこんな感じになります。

 

 

長形3号封筒(約5g)の場合

A4用紙(約4〜5g) 重さの合計の目安
1〜4枚 25g以内
4〜8枚 26〜50g
8〜19枚 51〜100g
19枚以上 101g以上

 

 

角形2号封筒(約16g)の場合

A4用紙(約4〜5g) 重さの合計の目安
1〜6枚 50g以内
6〜16枚 51〜100g
16枚以上 101g以上

 

 

ただ、用紙も封筒も、メーカーや使用している紙の種類によって重さが異なるので、上の表はあくまで目安としてお考えください(^^;)

 

 

特に、「25gまで」のラインに収めるのってけっこう厳しくて、思っているより簡単に超えちゃいます!

 

個人的には、A4用紙も3枚以上入れるようなら、92円切手を貼ることをおすすめします…!

 

多すぎる分には問題ないですが少ないと料金不足受取人払いとかになっちゃって相手に迷惑かけちゃいますからね。。

 

 

あっ、大きな封筒は最低でも120円からですよ!(`・ω・´)b

まとめ

 

以上、よくある封筒の切手料金から、A4用紙の枚数ごとの重さの目安について書かせていただきました!

 

 

今後、封筒を郵送するときは、

 

  • 少しの枚数で小さい封筒なら、82円か92円切手を貼る
  • 小さい封筒でも、枚数が3枚を超えるようなら92円切手を貼ったほうが安心
  • A4サイズの大きな封筒は、最低でも120円切手が必要

 

というのを覚えておくといいかもしれません♪

 

 

…ただし個人的には、ほぼ確実に料金がわかる「軽くて薄い封筒」以外は、郵便窓口から送ることをおすすめします(笑)

 

自分で計る場合は、あくまで「目安」の料金としてお考えくださいね(^^)ゞ

 

 

郵便料金って、調べてもゴチャゴチャしててわかりにくいことが多いので(笑)、少しでも理解のお役に立てれば幸いです。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連ページ

郵便の値上げ後の料金表!封筒やハガキの切手代も値上がりしたの?
郵便物の料金が2017年6月から値上げされました。 たまにしか郵便物を出さない人はうっかり間違えて、以前の料金で出してしまう可能性がありますよね。 そうならないためにも、郵便物の値上げ後の料金表を頭に入れておきましょう。 特に封筒やハガキは利用頻度が高いので、切手代は覚えておくと便利です。
郵便の代金が値上げ?いつ何が値上がるの?
郵便サービスが値上げ!? 代金値上げの時期はいつなの? 郵便サービス全般値上げなの? 今回は、「郵便の代金の値上げ時期、値上げサービス内容」についてまとめました。
郵便書簡が値上げ?新しい料金紹介と手持ちの郵便書簡の使い方
みなさんは「郵便書簡」を使った事がありますか? “ミニレター”とも呼ばれています。 なんとこのミニレター、25g未満まで郵送できるのです! こんな便利なミニレターの料金が値上げ? 今回は、郵便書簡の新しい料金と、手持ちの郵便書簡の使い方を説明していきます。
郵便切手の値上げはいつから?不足分はどう払うの?
郵便切手、値上げってホント? 値上げの額は?時期はいつごろ? 今日はそんな”郵便切手の値上げと、値上げ時期“に迫ってみたいと思います。
82円切手と92円切手の違いって?送れるものの違いをわかりやすく解説!
封筒を投函するため、切手を買いにいった時に、非常に困ったことがあります。 「82円切手」と「92円切手」どちらを使うべきなのか。 そこで今回は、「82円切手と92円切手の違い」に迫ってみます。 82円切手で送れるもの、92円切手で送れるものの違いをお教えしましょう。
A4サイズの封筒を送る時の切手代は?履歴書送付や速達の時の料金を解説!
会社の面接前に、履歴書や経歴書を郵送しなければならない時など、いくらの切手をはればいいのでしょうか? 速達で送るときの料金は? 今回は、「A4サイズの封筒を送る時の切手代」について調べてみました。 履歴書や経歴書をA4サイズの封筒で送るときの料金の目安も、説明していきます。
郵便の料金不足の払い方?受取人払いにするにはどうしたらいいの?
意図したわけではないけれども、ポスト投函した郵便物の料金が不足していたご経験はありませんか? また、お客様に返信用封筒を入れて何かを送り返してほしいとき、あなたが払うようにしたいときってありますよね。 こういった料金不足の際、どうやって対応すればいいのでしょうか。 一緒に確認していきましょう。
簡易書留郵便の料金を知りたい!サービスや送り方も紹介!
普通郵便は、たくさんの方が使い慣れていると思いますが、簡易書留郵便をいざ使おうと思うと、わからないことが少なくないですよね。 特に、受験予定の学校に願書を出そうと思って返信用封筒を見たら、簡易書留が指定されていて、どうしようかと悩まれる学生さんが多いのではないでしょうか。 そんな時にも困らないように、簡易書留郵便の料金から、送付までのイロハをしっかり確認していきましょう!
定形内郵便物の郵便料金はいくらするの?利用できるオプションも紹介!
手紙を送る場合、たくさん書きすぎて便せんが増えたり、ちょっとした物を中に入れてしまうと、82円切手で郵送できるか、不安になったことがありませんか? そこで、定形内郵便物で郵送できる重さとサイズ、利用できるオプションを紹介します。
定形外郵便の料金って?一覧表で一括確認!
ここ最近、フリマプリの利用者が急増したことで、定形外郵便の利用需要も高まってきています。 でも、普通郵便の使い方は小学校で習っても、定形外郵便の取り扱い方法なんていうのは誰も教えてくれませんよね。 そこで、定形外郵便の料金について、一覧表を見ながら、確認していきましょう。
郵便物の重さで値段って変わるの?値段の違いってどれくらい?
みなさん一度は、ハガキや封筒などの“郵便物”を出したこと、ありますよね? 様々な形の郵便物がありますが、値段で料金が変わるってしってました? 今回は、郵便物と重量の関係について説明していきたいと思います。
郵便物の封筒の大きさと料金の関係は?大きいものほど高い?
郵便物を送る際、封筒が大きいほど送料も高くなるのか気になる所ですよね。 送料はなるべく安い方が嬉しいですしね。 そこで今回は、郵便物の封筒の大きさと料金の関係について調べてみました。
ゆうパック元払いと着払いの料金の違い 手数料はかかるの?
ゆうパックの元払いと着払いでは料金が違うのか気になる所ですよね。 着払いの方が郵便局員さんは手間がかかるし、料金が高そうな感じがしますが・・。 そこで今回は、ゆうパックの元払いと着払いの料金の違いについて調べてみました。
定形郵便物、50g以上だと定形外扱い?!料金はどうなるの?
定形で送れるサイズの封筒に、沢山の便せんやちょっとした小物を入れると、50gを超えてしまったことがあるかと思います。 定型内郵便で送れる中身の目安は、A4コピー用紙ですと5枚までは大丈夫そうです。 封筒のサイズは定形内だけど、料金はどうなるのでしょうか? 定形郵便物のサイズで50g以上になると、どのような扱いになるかと、その場合の料金をご紹介します。
82円で送る事ができる郵便物の重さ・サイズはどのくらい?
咄嗟に郵便物を出そうとして、切手代に迷った事はありませんか? 私も「82円切手なら家にあるけど、この郵便物の重さだと82円で送れるのかな・・」と心配になった経験があります。 封筒の大きさによっても送料が変わってくるので、ちょっとわかりにくいですよね。 そこで今回は、使う機会の多い82円切手で送る事ができる、郵便物の重さ・サイズについて解説していきます。
封筒を郵送するときの値段は?同じ封筒ならいつも同じ値段で送れる?
文房具店や100円ショップでは、数多くの封筒が売られています。 どの封筒サイズが何円くらいで送れるのでしょうか。 封筒で郵便を送る時の値段の目安や、封筒を使うときの注意点をまとめました。
郵便で封筒を送るときの代金は? 代金不足だったときはどうなる?
最近はメール便など便利なサービスが増えましたが、荷物や手紙を送りたいとき、一番簡単に送れるのは郵便です。 代金分の切手を貼ってポスト投函するだけで使える郵便は、窓口へ行ったり時間を気にすることなく利用できて、とても気楽です。 でも、重さや封筒サイズによって代金が変わり、切手の額面が不足してないかと気になることも。 封筒サイズによる郵便代金の変化をまとめました。
はがきの郵便料金は62円とは限らない!?重さや大きさに決まりがあるの?
はがきって郵便料金62円、ですよね! え、82円?どうして・・・!? はがきとして送れる郵便には大きさや重さに決まりがあるのです。 というわけで、今回ははがきの郵便料金についてご紹介したいと思います!
362円切手は存在しない!362円になる切手の組み合わせ一覧!
362円切手が必要なんだけど売ってるの? いいえ。売ってません。 郵便料金が362円分の場合、複数の切手を組み合わせて貼るしかありません。 というわけで362円になる切手の組み合わせを紹介します!