ゆうパックとレターパックライトの違いを徹底比較!使い分け方も解説!

ゆうパックとレターパックライトの違いを徹底比較!使い分け方も解説!

ゆうパックとレターパックライトの違いを徹底比較!使い分け方も解説!

 

みなさんは郵便局で手紙や荷物を送りたい時に、どの商品で送れば最適かすぐに思いつきますか?

 

 

一昔前までは、手紙を送るなら普通郵便、大事なものなら書留郵便、早く送りたいなら速達、荷物を送るならゆうパック、といったように非常に分かりやすい商品内容でした。

 

ところが、現在は郵便局の商品サービスもバラエティに富んでいますよね。

 

 

ゆうパック、レターパック、スマートレター、クリックポスト、ゆうメール、ゆうパケットなど、実際にどれを使ったら良いのか悩んでいる人も多いのでは?

 

 

この記事では、その中でもゆうパックとレターパックライトについての違いを徹底比較し、使い分け方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゆうパックとレターパックライトの違い

ゆうパックとレターパックライトの主な違いを比較していきます。

 

最初に見やすく比較表にしてみました。

 

ゆうパック レターパックライト
料金 800円〜 360円
送り方 ダンボールや紙袋 専用封筒
サイズ 縦横高さの合計170cmまで A4サイズ・厚さ3cm以内
重さ 25kgまで 4kgまで
信書の送付 不可
補償サービス あり なし
追跡サービス あり あり
配達方法 対面受け渡し ポスト投函
時間指定 不可

 

 

送料

ゆうパックの送料は、荷物のサイズや送り先によって変わりますが東京 - 東京の場合で最低800円かかります。

 

レターパックライトは荷物のサイズや重さにかかわらず全国一律360円で送れます。

 

送り方

ゆうパックは、梱包資材に指定は無いのですが、自分で荷物を梱包しなければいけません。

 

梱包した後、専用のゆうパックラベルを貼付し、郵便局やゆうパック取扱所(コンビニ等)から送付します。

 

 

レターパックライトは、専用の封筒があります。

 

事前に郵便局やコンビニで購入し、中身を入れて郵便局の窓口に差し出すか、ポストに投函します。

 

 

私は割と時間がある方なのであまり気にはなりませんが、ゆうパックは、発送の時に対人で送料を計測してもらわないといけないので、少し手間ですね。

 

その反面、レターパックライトは、お仕事などで忙しい方には、差し出しの時にポスト投函できるので便利だと思います。

 

利用可能なサイズ

ゆうパックで送ることが出来るサイズは、縦横高さの合計が170cm以内で、重さが25kg以内になります。

 

レターパックライトは、A4ファイルサイズ、重さが4kgまで、厚さが3cm以内であれば、全国一律料金の360円で送ることができます。

 

 

ゆうパックは、サイズによって送料が変わるため、荷物を梱包する時はなるべくコンパクトにまとめましょう。

 

余白など無駄な部分があるとその分送料も高くなってしまいますよ。

 

 

また、レターパックライトは、厚さの制限が厳しいので、専用封筒に詰め込みすぎないように注意しましょうね。

 

信書が送れるかどうか

ゆうパックは、信書を入れて送付することはできません。

 

レターパックライトは、信書の同封OKです。

 

 

手紙は信書に該当するのはよく知られていますが、それ以外にも実はこれが信書に該当するのか!と思うものが意外とあるんですよ。

 

間違ってゆうパックに同封してしまわないためにも、どれが信書に該当するのか(信書に該当するものとしないもの)、送付する時には十分注意しましょう。

 

補償や追跡サービスの有無

ゆうパックは、30万円までの損害賠償制度があり、配達状況を確認できる追跡サービスもあります。

 

レターパックライトは、損害賠償制度はありませんが、追跡サービスはあります。

 

 

ゆうパックは、万が一荷物が壊れてしまったり紛失した時に、損害賠償制度が付いているので安心ですね。

 

万が一、ということは少ないかもしれませんが、やはり大切な荷物なので、私は損害賠償は特に重要視している事柄です。

 

配達方法や時間指定

ゆうパックは、対面手渡しでお届け時間の指定も可能です。

 

不在の場合は、一度荷物を持ち帰り再配達のサービスがあります。

 

 

レターパックライトは、対面手渡しではなく郵便受けにお届けになります。

 

そのため、お届け時間の指定もできません。

 

 

ゆうパックは、対面手渡しなので確実に相手の方に荷物を受け取っていただけるという安心感があります。

 

その反面、レターパックライトは郵便受けのお届けなので、在宅の必要がなく、忙しい方には助かりますね。

ゆうパックとレターパックライトの使い分け方

それぞれの商品の特徴の違いを活かした使い分け方です。

 

ゆうパックが向いているもの

  • 高価な荷物を送る時
  • 時間指定で送りたい時
  • 確実に手渡しで受け取ってほしい時
  • 大きい荷物の時

 

レターパックライトが向いているもの

  • 信書を送りたい時
  • 荷物が高価ではない時
  • 荷物が小さい時

 

 

ゆうパックは、一番小さいサイズで最低でも800円(郵便局窓口に持込の場合120円割引で680円)掛かってしまうので割高です。

 

高価なものや確実に手渡しで受け取ってほしい時はゆうパック、それ以外でかつレターパックライトのサイズの制限を超えていないものであれば、レターパックライトで送るのが良さそうです。

 

 

私は、レターパックライトは書類を送る時に使うことが多いですが、あまり高価ではない小さめの荷物(衣類など)で、損害賠償がなくても良いものなら、ゆうパックよりレターパックライトのほうが安く送れていいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ゆうパックにしろ、レターパックライトにしろ、どちらにしてもメリット、デメリットはありますね。

 

自分が何に重点を置いて送りたいのか、出来るだけ安く送りたいのか、万が一の補償を付けたいのか等で、どちらで送ったほうが良いのか変わってくると思います。

 

 

私は、今までは荷物を送るのならゆうパック、という固定概念にとらわれていましたが、小さいサイズのもので高価なものでなければ、レターパックライトで送ったほうが安くなるのだと気が付きました。

 

みなさんもこの記事を参考に、いろいろな場面でうまく使い分けができるといいですね。

スポンサーリンク

関連ページ

ゆうパックの受付できる場所一覧!それぞれのメリットも合わせて解説!
ゆうパックを送ろうと思ったときに、どこで受付してもらうことができるのか疑問に思うことはありませんか? ゆうパックを受付できる場所は複数ありますし、場所によってメリットも変わってきますよ。 場所によるお得な情報も合わせてご紹介していきます!
ゆうパックの配達状況の確認方法!追跡サービスの使い方も解説。
家族や友人から「荷物ゆうパックでを送ったよ〜」と言われたとき、通販で商品を購入したとき、配達状況はどうやって確認すればいいのでしょうか? 今回はそんなそわそわしているあなたに、ゆうパックの配達状況を確認できるサービスを紹介します!
ゆうパックで送った商品が破損や紛失したら補償申請できる?やり方は?
フリマアプリやオークションサイトで商品を購入。 待ち望んだ商品の到着…というときに商品がもし壊れていたら…? 実はゆうパックには、配送中の荷物にもしものことがあった場合、30万までの実損額を保証してくれる損害補償制度があるんです!
ゆうパックの当日集荷の最終は何時までにお願いすればいい?
ゆうパックは手軽に荷物を届けることができ、発送スピードも早いため利用している方も多いと思います。 しかし、「突然荷物を送ることになってしまった!」という場合や、「荷物を送ろうと思っていたのに集荷依頼の連絡をすることを忘れてしまった!」という場合もありますよね。 そんなときのために、今回はゆうパックの当日集荷の最終は何時までにお願いすればいいかを調べてみました。
ゆうパックの配達日数は何日?土日を挟んだ場合は?
ゆうパックを利用するときに、「荷物はどれくらいで到着するんだろう?」と思うことがありますよね。 母へ荷物の到着日を伝えたかったので、これを機にゆうパックの配達日数について調べてまとめてみました。 土日を挟んだ場合も気になったので合わせてご紹介します!
ゆうパックの日付指定は無料?何日先までできる?変更はできる?
ゆうパックで日付指定をして荷物を送りたいことってありますよね。 私も家族に誕生日プレゼントをゆうパックで送ってあげたいと思ったのですが、何日前から受け付けしてもらえるのか疑問に思ったので、ゆうパックの日付指定に関してまとめてみました。
ゆうパックの出し方の手順を初心者向けに分かりやすく解説!
ゆうパックはとても便利とよく聞きますが、ゆうパックを利用したことのない人にとっては、分からないことがたくさんですよね〜。 今回はゆうパックってどうやって出すのか、いくらくらいかかるのか、ゆうパックの出し方の手順を紹介します。
ゆうパックの着払いはコンビニから発送できる?手数料はかかる?
ゆうパックで着払いで送るとたまにこちらは送料を負担する必要がない場合もあります。 私は着払いって普段利用することが少ない分、なんだか不安になってしまいます。 そこで今回は、ゆうパックは着払いでもコンビニから発送できるのかまとめてみました。
ゆうパックは何キロまで送れる?30キロ超えた場合は?
ゆうパックはですが、ついついたくさん荷物を入れすぎてしまうことがありますよね。 少しでもたくさん詰めて安くしようとしたのですが、もしかして重さに制限があるのかな?と心配になったのでこの機会に調べてみました。 そこで、今回はゆうパックは何キロまで送れるのかご紹介します。
ゆうパックがスマホ割アプリでお得に!割引金額と使い方を解説!
ゆうパックが荷物をすぐに送ってくれるのは便利で、本当にありがたいんですけど、もっと安くならないかな…。 そんなときの救世主が2018年9月から始まった「ゆうパックスマホ割」です! いったい割引金額はいくらなのか、使い方やメリットについてもご紹介していきます。
ゆうパックの伝票ラベルがもらえる場所一覧!自宅や郵便局で印字印刷する方法も!
ゆうパックを送るとき、伝票ラベルが手元に無いと相手の住所や連絡先などをメモして郵便局へ持っていかないといけないので、時間もかかるし面倒ですよね。 忙しくて早く次の用事を終わらせたいときは少しイライラしてしまいます…。 そこで、今回は伝票ラベルがどこでもらえるのか、そして自宅や郵便局で印刷する方法もまとめてみたので参考にしてみてください!
ゆうパックの箱はどこで買える?郵便局で購入してその場で梱包して送れる?
ゆうパックって専用の箱に荷物を入れて送るイメージですよね。 でもあの ゆうパックの箱ってどこで買えばいいのか、郵便局で買うなら荷物はその場で梱包するのか、手順がわからないですよね。 というわけで今回はゆうパックの箱事情を説明します。
ゆうパックはコンビニで発送できる?箱や伝票はある?料金は?
コンビニでゆうパックの発送はできます! でもすべてのコンビニでできるわけではありません。 ここではどのコンビニからゆうパックを送れるのか、またコンビニにゆうパックの箱や伝票があるのか、料金などについても解説したいと思います!
ゆうパックをコンビニ受け取りにできる?自宅で受け取りたくない場合の対処法
不在が多くて自宅で受け取るのが難しいからゆうパックをコンビニ受け取りにしたい。 でもできるんだろうか…。 この記事ではゆうパックのコンビニ受け取りってできるのか、自宅で受け取りたくない場合にどうすればいいのかについて解説します。
ゆうパックのクール便「チルドゆうパック」の料金は?温度は何度?
食品を郵送で送るとき、おいしいものはおいしいままで送りたい!ですよね。 そんな時便利なのはゆうパックのクール便「チルドゆうパック」 今回はチルドゆうパックについて調べてみました。 料金や温度について説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね〜。
ゆうパックの受け取り場所を変更したい!配達途中でも変えれる?
何かネットで商品を購入した時にゆうパックの受け取り場所を自宅ではなくコンビニや勤務先に変えたいとなったとき。 配達途中で受け取り場所の変更はできるのでしょうか? 今回はゆうパックの受け取り場所の変更について解説します。
ゆうパックは専用ではない紙袋でも送れる?料金はどうなる?
郵便局ではゆうパック専用の袋が売られてます。 ってことは家にある紙袋でも送ることが出来る? 郵便局で売られている紙袋ではなくても荷物を送ることが出来るのか、紙袋で送る時の注意点や料金体系などについて解説していきます。
ゆうパックはゆうゆう窓口から送れる?何時まで?受け取りもできる?
郵便局の窓口が開いていない夜間や土、日、祝日に利用できる、ゆうゆう窓口は便利です。 ゆうパックもゆうゆう窓口で利用できます! この記事では、ゆうゆう窓口の利用可能時間やゆうパックの受け取りについて解説していきたいと思います。