履歴書を郵送する時に書く住所の数字は、どう書くのがベスト?

履歴書を郵送する時に書く住所の数字は、どう書くのがベスト?

履歴書を郵送する時に書く住所の数字は、どう書くのがベスト?

 

就職活動をしていると、履歴書を郵送しなければならない場面が必ずあります。

 

履歴書本体もそうですが、郵送するなら封筒に書く住所もきちんとしておきたいところ。

 

 

…でも、たとえば宛先の住所の番地が「1-10-1-112」とかだった場合……

 

 

えっ!? これを縦書きって、どう書けばいいの?!(TДT)

 

 

ってなりませんか?(笑)

 

 

今回は、そんな迷いどころとしてありがちな「履歴書郵送時の住所の数字の書き方」について、ベストな方法を調べ、まとめてみました!(^^)/

スポンサーリンク

履歴書の封筒に書く住所の番地等のベストな書き方

 

縦書きの番地の書き方

 

縦書きで住所を書く際、番地等の数字は、主に以下の点に気をつけて書くと良いということがわかりました!

 

  1. 数字は漢数字(一、二、三…)で書く
  2. 「建物名」や「○番地」を略さずに、詳しく正確に書く
  3. 「10」は「一〇」、「112」は「一一二」と書く

 

 

さきほどの「1-10-1-112」で例えると、こんな感じになります。

 

□ 一
× 丁
ビ 目
ル 一
  〇
一 番
一 地
二 一
号 号

 

 

↑「□×ビル」という表記が加わったのがわかりますか?(゚ロ゚)

 

住所は基本「詳しく正確に」書いたほうが良いので、「建物名」まで略さずしっかり書くのがベストだと言えます!

 

 

もし建物名のところに「□×ビル2F」などと階数が含まれている場合も、

 

「2F」と略すのではなく、「二階」と漢数字に変換&正しい表記で書きましょう!

 

 

漢数字のルール

 

ところで、なぜ「10」は「十」ではなく、「一〇」と書くんでしょうか?(´・ω・`)

 

 

そこで今度は、「十番地」という書き方をしたとしましょう。

 

すると、全体の書き方を統一するために、最後の「112」も「百十二号室」と書かなければならなくなりました…(-_-)

 

これは、なんだかおかしいですよね?(^^;)

 

 

住所に使われる漢数字については、基本的に「十」などの単位は省略したほうが良いとされています。

 

理由は、何よりも「郵便局員が読み取りやすい」からです!

 

 

「百十二号室」よりも「一一二号室」のほうが、パッと見てすぐに「数字だ!」とわかりますもんね(*´∀`*)

 

 

ただし、「一一二号室」を縦書きにする場合、一と一と二の間に適切な距離がないと、

 

「二二号室」って感じに読み間違えられたりして本末転倒なことになるので(笑)、

 

文字間の距離はくれぐれも適切に保ち、文字自体も丁寧に書くようにしましょう!^^b

こういう時はどうする?例外パターン集

 

さて、縦書きする時の番地のベストな書き方について書いてきましたが、

 

ほとんどは「絶対に守らなければいけないルール」というわけではありませんΣ(゜ω゜)

 

 

どういう時に守らなくても良いのか?よくあるパターンを書いてみます。

 

 

例外@ 4桁以上の数字を書く時

 

「1-1-1023」というように、4桁以上の数字が住所に含まれている場合。

 

 

4桁以上の数字を縦書きで書いてしまうと、見た目の美しさや可読性が損なわれることがあります(-_-;)

 

それを避けるため、4桁以上の数字の場合は、例外的に「そこだけ算用数字&横書き」に直すと良いかもしれません^^

 

 

↓実際に書くとこんな感じです。

 







1023

 

 

ただし、全体のバランス的に縦書きでも大丈夫そうだなと思ったなら、縦書きでもOKです!

 

※縦書きの場合、他と同様「一〇二三号」といった書き方をしましょう。

 

 

桁数の多い数字を「縦書き」にするか「横書き」にするか、これについては好きなほうを選んで良いと思います(´ω`)

 

住所の全体像を見て決めてください^^

 

 

例外A 横書きで書く場合

 

これまでの話は、すべて「縦書き」にする場合の話です。

 

すべて「横書き」で書くのなら、漢数字ではなく算用数字(1,2,3…)で書くほうが自然です( ´∀`)b

 

 

ただし、横書きにする場合でも、「詳しく正確に」書くのがベストなため、

 

「建物名」や「○番地」等の区域まで、きっちりと書きましょう^^

 

 

※例えば「1-1-1-123」も、「1丁目1番地1号 □×ビル 123号室」等と書くようにしましょう。

 

 

例外B 日付を書く場合

 

「住所」の漢数字は基本的に「十」を省略したほうがいい、と書きましたが、「日付」の場合となると別です。

 

 

例えば「平成31年4月12日」を縦書きで書く場合、もちろん漢数字を使うわけですが、

 

今度は「平成三十一年四月十二日」というように「十を省略せずに」書くのがベストな形となります。

 

 

ちょっとややこしいですが、履歴書の封筒に日付を書くこともありますし、

 

この機会に「10を書く時、住所なら一〇、日付なら十」と区別して覚えるといいかもですね!( ´∀`)

まとめ

 

「履歴書の封筒に書く住所の数字のベストな書き方」、いかがでしたでしょうか?

 

知らない方には、なかなか慣れないルールもあったかと思います(^^;)

 

でも、綺麗に住所を書いて損はないですし、ぜひ丁寧に書いておきたいところですよね(^ω^)

 

 

今回の要点をまとめると、

 

  • 「縦書き」の時は「漢数字」、「横書き」の時は「算用数字」
  • 縦書きでも横書きでも、区域や建物名まで「略さず詳しく正確に」書く!
  • 10を書く時、「住所」は「一〇」、「日付」は「十」

 

といったところでしょうか♪

 

 

さて、これは個人的な見解になりますが、郵便物の住所を書く時のルールというのは、

 

たいていが「読みやすさ」や「美しさ」に基づいていると思われます。

 

 

なので、厳密なルールを知らずとも、「読みやすさ」や「美しさ」に気をつけてさえいれば

 

だいたい間違いはないのかな、と個人的には思います(笑)(*´∀`)b+

 

 

せっかく手間暇かけて履歴書を作るんですし、封筒のほうもぜひビシッと決めたカッコイイのを書いてくださいね♪

 

この記事でそのお手伝いができたなら嬉しいです(*^▽^*)

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連ページ

履歴書を郵送時に折るのはNG?応募書類を封筒に入れる際の常識
市販の履歴書用紙セットを見ると、定型サイズの白封筒が何枚か入っている場合があります。 もしこの封筒に履歴書を入れようとすると、三つ折りにしなければ入りません。 しかし、履歴書は折っても問題ないのでしょうか?
バイトの履歴書を郵送する時の切手代は?郵送の仕方で変わる、切手代のまとめ
バイトの面接を受けるときって、色々大変ですよね。 何を話したらいいか分からないし、すごく緊張するし、履歴書を書かなければならないし。 そんな履歴書を「先に郵送で送ってよ」といわれて、困ったことありませんか? 封筒にいれても、切手代が分からない・・・ 今日はそんな「バイトの履歴書を郵送する時の切手代」についてまとめてみたいと思います。
履歴書を郵送!これを読むだけでやり方が全部わかる!
昨今の就職市場、かなり需要があると言われていますよね。 新入社員はもちろん、転職市場も大変盛り上がっております。 しかし、実際のところ、大手企業に関してはいまだ狭き門だと思っていた方が良さそうです。 そこで、履歴書の郵送段階で失敗がないように、郵送の仕方を確認しましょう!
バイトの履歴書を郵送で送りたい!郵送での履歴書の送り方、添え状の書き方や注意点も
みなさんはバイトの面接などで、面接前に“履歴書”を郵送したことがありますか? 先方から「どうしても先に履歴書が欲しい」などと言われた場合、郵送で送るのがベストでしょう。 そこで今回は、「バイトの履歴書を郵送で送る方法」と、「添え状について」説明していきたいと思います。
意外と知らない!?履歴書郵送時の封筒裏面の書き方
就職活動や転職活動にあたって応募先企業に履歴書を郵送する際、郵送方法のマナーを知らないと、応募先企業の悪印象を招く可能性があります。 ここでは、あまり知られていない、履歴書を郵送する際の封筒裏面の書き方について、わかりやすく解説していきます。
履歴書を郵送するときの注意!「〜係」のあとは御中? 様?
就職活動で履歴書などの応募書類を郵送する際、封筒の宛名を「御中」と「様」のどちらで書けばいいのか悩んだことはありませんか? 「御中」と「様」のどちらで書くかは、宛先が部署か担当者かによって変わってきます。 今回は、宛名の正しい書き方についてご紹介します。
履歴書の郵送方法はポストなの?窓口なの?すべて教えます!
就職活動も本格化してくると、履歴書を企業に郵送する機会も増えてきます。 就職用の応募書類を郵送すること自体が初めてという人も多いでしょう。 そのためいざ郵送する時に、正しい郵送方法が分からないという人もいると思います。 企業に書類を郵送する際に抑えておくべきポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。
履歴書を郵送する際の添え状は手書き?横書き?素朴な疑問を徹底解説
履歴書や職務経歴書を企業に郵送するとき、「添え状」を添付することはご存じですか? せっかく頑張って作成した応募書類が台無しにならないよう、ビジネスマナーにのっとった「添え状」を作成したいですよね。 今回は「添え状」を郵送するときの注意点や記載すべき内容など、今更聞けない素朴な疑問についてお答えします。
転職用履歴書の送付方法?郵送とメールを徹底比較!
転職活動で必ず企業から求められるのが履歴書ですよね。 この履歴書ですが、エージェントを介している場合はともかく、自己応募の方法で企業とやりとりをしていると、「履歴書を送ってください。」とか、「郵送またはメール添付で送ってください。」という言い方をされることもありますよね。 送付方法で、その後の転職活動が有利になるか否か、比較していきましょう。
A4サイズの郵便料金は?折り曲げないでクリアファイルに入れる場合は?
履歴書などの書類を送りたい!チラシなど、折らずにファイルに入れてA4封筒で送りたいこともありますよね。 そんな時、どんな封筒で一体いくらの切手を貼ればいいのか? その疑問にお答えします!
履歴書の郵送は普通郵便?簡易書留?どの種類で郵送すべきか?
大切な人生を左右する「履歴書」。 郵送方法として、普通郵便や、速達、簡易書留などいろいろ種類がありますが、どの方法を活用していいか迷っている人も多いかと思います。 そこで今回は、履歴書の郵送に適した郵送方法についてご紹介します。
履歴書を郵送する時は定形内?定形外?正しい送り方と切手料金!
人生を左右する大事な履歴書、郵送するとき相手企業に失礼が無い方法を悩んだことはありませんか? 履歴書を細かく折るのはありなのか、また定型内か定形外ビジネスマナーとしてはどちらが正解なのでしょうか。 今回は、履歴書の正しい送り方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。